株式会社バンダイナムコホールディングス | BANDAI NAMCO Holdings Inc.

CSRへの取り組み

お客さまとともに

ネットワークエンターテインメント(コンテンツ)

方針・考え方

バンダイナムコエンターテインメントは、エンターテインメント企業として、環境との調和を図ることが、将来にわたり「お客さまの喜びと満足につながる」という環境方針を掲げるとともに、社会貢献にも取り組む企業として積極的に活動していきます。

バンダイナムコエンターテインメント 安全、安心の「モノづくり」基準の制定

バンダイナムコエンターテインメントは、実際にプレイされるお客様はもちろんのこと、「製造」から「廃棄」まで全ての製品サイクルにおいて、製品に関わる全ての人々の安全が確保されることが重要であると考え、開発・生産・販売・アフターサービス・環境対応等の包括的な安全基準を策定し、安全に配慮した製品開発を進めています。

バンダイナムコエンターテインメントが考える『製品安全』

2009年、『総合品質』の向上・強化を目指した品質保証活動の一つとして「モノづくり」基準(BANDAI NAMCO GAMES STANDARD(BNG-ST)※現在のBANDAI NAMCO ENTERTAINMENT STANDARD(BNE-ST))を制定しました。 この基準は、アミューズメント業界のリーディングカンパニーとして責任あるモノづくりを推進させることを目的としており、 当社のモノづくりにご協力いただいておりますサプライヤーの皆様に、当社のモノづくりの「考え方」を理解していただくとともに「世界中の人々に安心・安全な製品で、『夢・遊び・感動』を提供するために」守っていただかなくてはならない基準をまとめています。

「モノづくり」基準(BANDAI NAMCO ENTERTAINMENT STANDARD)
「製品安全と品質向上を考える展示会」(バンダイナムコエンターテインメント)
「製品安全と品質向上を考える展示会」(バンダイナムコエンターテインメント)
「製品事例展示会」(バンプレスト)
「製品事例展示会」(バンプレスト)
「社員向けセミナー」(バンダイナムコエンターテインメント)
「社員向けセミナー」(バンダイナムコエンターテインメント)

「製品安全対策優良企業表彰」にて優良賞を受賞

バンダイナムコエンターテインメントは、経済産業省主催2014年度「第8回製品安全対策優良企業表彰」の「大企業製造事業者・輸入事業者部門」において、『優良賞』を受賞しました。本制度における受賞は、アミューズメント業界では初の受賞となります。

「製品安全対策優良企業表彰」(バンダイナムコエンターテインメント)
「製品安全対策優良企業表彰」(バンダイナムコエンターテインメント)

バンダイナムコエンターテインメントのサプライチェーン管理

安全、安心なモノづくりのためには、お取引先様の協力が不可欠となります。そのため、お取引様への情報発信・情報共有を目的とした、お取引先様専用サイトを開設。また国内外のお取引先様を対象に、日本・中国にて説明会を開催するなど、お取引先様との情報共有に取り組んでいます。

その他にも国内外の取引先工場において「製品に含有する化学物質を適切に管理する体制が構築され、かつ有効に運用されているか?」「工場における品質マネジメントシステム、工場ラインの生産管理体制は適切か?」「適切な就労環境が維持されているか?」といった事を確認するため、BNEサプライヤ監査を実施しています。

お取引先様専用サイト「品質保証部HP」
お取引先様専用サイト「品質保証部HP」
BNEサプライヤ監査
BNEサプライヤ監査

 

バンプレストの品質基準

フィギュアやぬいぐるみ等様々な製品をつくるバンプレストでは、安全性や強度、耐久性等様々な項目において自社品質基準を定め、製品を手にする全ての人々が安心してお楽しみいただけるような製品開発に取り組んでいます。また自社品質基準等を掲載した専用WEBサイトを設置、お取引先様を含めた社内外関係者の情報共有を進めています。

バンプレスト プロダクトディビジョンHP
バンプレスト プロダクトディビジョンHP

 

ACCS 著作権普及啓発キャンペーンへの協力

バンダイナムコエンターテインメントは、1996年にACCS※に入会し、2013年から著作権普及啓発や犯罪キャンペーンに「どんちゃん」と一緒に参加しています。2015年も日本各地のキャンペーンに参加しました。

※ ACCS とは…
ACCS:一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
デジタル著作物の権利保護や著作権に関する啓発・普及活動を行う業界団体。現在は、ビジネスソフトやゲームソフト、Web コンテンツ、アニメ、音楽などデジタル著作物を提供している企業を中心に、約150社の企業が加盟しています。

主催:青森ねぶた祭実行委員会「青森ねぶた祭りにて犯罪防止活動に協力」
主催:青森ねぶた祭実行委員会
「青森ねぶた祭りにて犯罪防止活動に協力」
主催:千葉県警察本部、船橋警察署「サイバー犯罪防止キャンペーン」
主催:千葉県警察本部、船橋警察署
「サイバー犯罪防止キャンペーン」
主催:東京税関、ACCS「ニセモノ上陸阻止キャンペーン」
主催:東京税関、ACCS
「ニセモノ上陸阻止キャンペーン」

 

コンテンツの適切な表現の管理

ゲームや映像、音楽等多岐にわたり、幅広いジャンルで事業を展開するネットワークエンターテインメントSBU各社では、それぞれの基準と時勢を反映しながらコンテンツの適切な表現についてチェックを行っています。多彩な製品ラインナップにおいて、創り手のオリジナリティーや「表現の自由」を尊重しつつ、適切な表現でお客様にお楽しみいただける商品開発を行っています。

倫理表現に関する社員セミナー(バンダイナムコスタジオ)
倫理表現に関する社員セミナー(バンダイナムコスタジオ)

また、バンダイナムコエンターテインメントでは、プロジェクト、または事業部ごとにバラバラで管理されていた禁止用語(ゲームの中での使用禁止だけでなく、ユーザーが入力することもできない語句)について、バンダイナムコエンターテインメントとして統一した用語集を作成し、2015年度からの本格運用を予定しています。

お客さまとのコミュニケーションの推進

お客さまとのコミュニケーションを推進する上で、重要な役割を果たしているのが各お客さま窓口です。 お客さまからの声に迅速に対応するため、各窓口宛てに寄せられたご意見やご要望は、個人情報の取り扱いに細心の注意を払いながらデータベース化が行われています。これにより、より的確できめ細やかな対応を可能にするとともに、蓄積された情報を製品開発やサービスに反映させ、顧客満足の向上につなげています。

小学校向けの教科書の制作

小学校向け教科書の制作
小学校向け教科書の制作

バンダイナムコエンターテインメントは学校図書株式会社と共同で、小学校向け教科書28冊(国語、算数、理科)を制作しました。 "授業時間外でも開きたくなるような教科書を作りたい"というバンダイナムコの想いと、"従来の教科書の殻を破った、子どもたちに新鮮味を与える新たな教科書を作りたい"という学校図書の想いが融合して実現したもので、エンターテインメント企業として初めて教科書制作に携わりました。

 

今後の課題・目標

今後も安全で安心なモノづくりを進めるとともに、CSR調達を含めた社会性に配慮した製品づくりを推進いたします。また、多彩なコンテンツや制作時のノウハウなどを活用し、魅力あるCSR活動につなげていきます。

 

PAGE TOP