株式会社バンダイナムコホールディングス | BANDAI NAMCO Holdings Inc.

CSRへの取り組み

社員とともに

映像音楽プロデュース

方針・考え方

バンダイビジュアルは、「映像音楽を中心としたIPプロデュースを通じて世界の人々の心を豊かにする。」というミッションを全社員が共有し、一人ひとりの能力を最大限に発揮することができる環境をつくるために、各種制度を充実させ、社員の成長を図っていくことを基本方針としています。

多様な人財の採用と登用

男女別社員数(バンダイビジュアル)

(単位:人) ※正社員、契約社員、出向者含む
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
男性 86 82 78 78 79
女性 53 56 57 57 57
合計 139 138 135 135 136

バンダイビジュアルでは、チームでの共同作業で必要不可欠な「コミュニケーション」、既成概念・過去にとらわれない斬新な発想による「クリエイション」、機動力を発揮する「スピード」の3つのキーワードを基本として、「自分にしかできない仕事をやりたい」という強い志を持った人材を採用しています。各社員の強みを活かしバンダイビジュアルだからこそ実現できるエンターテインメントを提供していきたいと考えています。

教育・研修

バンダイビジュアルでは、映像・音楽の業務上基本となる著作権の理解を深めるため、毎年、SBU所属会社社員向けに法務・知的財産の研修を行っています。また、個人のスキルアップ向上を目的とした知識・スキル向上研修も行っています。その他、階層別研修や各自の自己啓発支援として資格取得奨励金制度があります。2015年度には、社員の活躍の場を広げるために語学学校受講費の一部を補助する制度を導入しました。その他、社外セミナーへの参加も積極的に支援しています。

法務・知的財産研修
法務・知的財産研修
バンダイビジュアルの主な教育・研修カリキュラム 2015年度実績
法務・知的財産研修 全9回 のべ176名
知識・スキル向上研修(Excel等) 29名

 

働きやすい職場環境づくり

バンダイビジュアルでは、より安心して働きやすい環境を作ることを目的に健康診断に対し受診費用の補助を行っています。これにより、20代の社員でも自己負担なく人間ドックを受診できるなど社員の健康保持に努めています。その他、永年勤続表彰制度、在宅勤務制度、復職支援制度、出産・子育て支援制度、育児短時間勤務制度(小学校3年生終了まで利用可)など、さまざまな制度を制定し、より良い労働環境の整備に努めています。

今後の課題・目標

バンダイビジュアルでは、社員一人ひとりが成長し、各自の能力を最大限に発揮できるよう、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいくとともに、ワークライフバランスの実現に向けた各種制度の充実等の取り組みを強化していきます。

 

PAGE TOP