株式会社バンダイナムコホールディングス | BANDAI NAMCO Holdings Inc.

CSRへの取り組み

環境とともに

ネットワークエンターテインメント(コンテンツ)

方針・考え方

エンターテインメント企業らしい環境活動のほか、環境に配慮した製品の設計、また楽しみながら活動し、社会に役立つことのできるヒューマンスキルの醸成を目指した活動を推進します。

バンダイナムコエンターテインメントの『エコアミューズメント』

バンダイナムコエンターテインメントは、2012年1月、国内で販売する業務用ゲーム機を対象に「環境配慮設計ガイドライン」を策定いたしました。また、このガイドラインに設けられた「化学物質管理」「省エネルギー」「省資源」「リサイクルしやすい設計」という4つの基準のうち、一定レベルをクリアした製品を『エコアミューズメント』と認定しています(2016年3月末時点32機種)。

エコミューズメント
エコラベル
「エコアミューズメント」認定製品に添付されるエコラベル

 

エコアミューズメント認定製品

タイムクライシス5
「タイムクライシス5」
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
釣りスピリッツ6st
「釣りスピリッツ6st」
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『エコアミューズメント』は、従来取り組んできた環境配慮設計を、よりいっそう推進していくものです。 これからもバンダイナムコエンターテインメントは製品やサービスにおける安全性を徹底的に追求するとともに、環境問題への対応や品質の向上にも取り組んでいます。

バンダイナムコエンターテインメントのグリーン調達(化学物質管理)

2005年にアミューズメント業界では初となる「グリーン調達基準書Ver.1.0」を発行。翌年2006年に改訂された「グリーン調達基準書Ver.2.0」では、欧州のRoHS指令対象※6物質群を含む全15物質群を禁止、または制限。以来、欧州RoHS指令、REACH規則など、各国法規制に適合した製商品の生産を、国内外で行い、環境負荷に配慮した製品を提供しています。(現在は198の化学物質群を対象に禁止・制限・管理)

その取り組みとしては、お取引先の皆さまから納入していただく部品の含有化学物質情報を調査、また納入部品の含有化学物質情報が規制値内であることを確認するための分析(日本、中国にて実施)、さらには含有化学物質について信頼性の高い部品を納入していただくため、国内外のお取引先様の製造工場などにおいて、化学物質管理に取り組むシステムが構築され、かつ有効に運用されているか確認(グリーン審査)を進めています。

これからもバンダイナムコエンターテインメントは製品やサービスにおける安全性を徹底的に追求するとともに、環境問題への対応や品質の向上にも取り組んでいます。

化学物質管理

またバンダイナムコエンターテインメントでは、サプライチェーン全体でグリーン調達に取り組んでいます。グリーン調達を進める上では、お取引先様の協力が不可欠となります。そのため、お取引様への情報発信・情報共有を目的とした、お取引先様専用サイトを開設。また国内外のお取引先様を対象に、日本・中国にてグリーン調達に関する説明会を開催するなど、お取引先様との情報共有に取り組んでいます。

製品のリサイクル

バンダイナムコエンターテインメントでは再利用、再資源化を目的に業務用ゲーム機・家庭用ゲーム機のリサイクルにも取り組んでいます。今まで廃棄されていた家庭用ゲーム機のプラスチック部分を、回収、分別して再生樹脂(ペレット)へ再加工。再生樹脂は新たな「モノ」として生まれ変わることになります。(リサイクル量の累計約11.6t)

製品のリサイクル

 

業務用ゲーム機のリサイクル
バンダイナムコウィル(※)による業務用ゲーム機のリサイクル
※障害者雇用促進を目的としたバンダイナムコグループの特例子会社

環境意識の向上

バンダイナムコエンターテインメント、バンプレストでは、社員の意識を高めるため、定期的な環境セミナーの開催や、各種社内向け媒体の発行などに取り組んでいます。

環境セミナー
環境セミナー
社員向け情報発信媒体
社員向け情報発信媒体

今後も情報発信を通じて社員を元気にし、よりいっそう社会へ貢献できる企業となるべく、今後も展開していきます。

環境情報の発信

バンダイナムコエンターテインメントでは、外部セミナーでの講演をはじめ、お取引様、また一般消費者向けの各種情報発信も積極的に行っています。

外部セミナーでの講演
外部セミナーでの講演

環境キャンペーンの実施

環境省が呼びかける「ライトダウンキャンペーン」の実施をはじめ、夏には「クールビズ」冬には「ウォームビズ」を実施しています。その他社用車利用者にCO2の削減を呼びかける「CO2CO2(コツコツ)キャンペーン」を実施しています。運転者に向けてふんわりアクセルやエンジンブレーキなどの「エコドライブ」を推奨する運動も実施しています。

今後の課題・目標

環境に配慮したモノづくりを進め、またより多くの社員が自発的に環境活動に参加できる体制づくりを推進するとともに、今後もエンターテインメント企業ならではの特性を活かした取り組みを展開していきます。

 

PAGE TOP