夢・遊び・感動 BANDAI NAMCO Group

株式会社バンダイナムコホールディングス

CSR InitiativesCSRへの取り組み

地域社会とともに

*2016年度の事業セグメント区分・社名に基づき掲載しています。

ネットワークエンターテインメント(コンテンツ)

方針・考え方

より多くのステークホルダーにバンダイナムコエンターテインメントの取り組みを知っていただくため、また地域社会の貢献を目的に、地域イベントへ積極的に参加しています。

アソビモットproject

“世の中にアソビをもっと広げていきたい”という思いのもと、2016年にアソビモットprojectを実施。様々なエリアでエンターテインメントを皆さんに体験いただきました。2016年7月には、近隣の港区の慶応仲通り商店街の飲食店と連携し、太鼓の達人のどんちゃんのなぞなぞ企画“芝三田なぞなぞ”を展開。12月には東京、2017年3月には大阪でパックマン人力車企画を実施。乗っている人はもちろん、それを見た人も笑顔になるような体験をお届けすべく、東京の観光スポット浅草、大阪の観光スポット通天閣の2か所でパックマン人力車企画を行い、観光客の皆さんを中心にお楽しみいただきました。

浅草パックマン人力車(バンダイナムコエンターテインメント)
浅草パックマン人力車(バンダイナムコエンターテインメント)

子ども霞が関見学デー

霞が関の府庁省が連携して、子どもたちが広く社会を知り、府庁省の施策に対する理解を深めてもらうための子ども霞が関見学デーにバンダイナムコエンターテインメントが参加。「情報通信技術総合戦略室(IT室)」へブース出展し、「カタログIPオープン化プロジェクト」の一環としてリリースしている、パックマンに登場するゴーストを自分で作り実際に遊べる「ゴーストメーカー」をお楽しみいただくなど、当社への接点を持っていただくとともに、ITやエレクトロニクスの可能性を感じていただくイベントとなりました。

子ども霞が関見学デー

海外学生の企業訪問受け入れ

ディースリー・パブリッシャーでは、ミシガン州立大学の「Technology and Culture: Communication and Games」のプログラムに協力し、「日本のゲーム業界」や「ゲーム開発のプロセス」などについて講義を行うといった、学生の企業訪問の受け入れを実施しています。

ミシガン州立大学の学生の企業訪問
ミシガン州立大学の学生の企業訪問

今後の課題・目標

今後も製品・サービス等幅広い事業にわたっているネットワークエンターテインメントSBU各社の特性をいかした、より親しみやすい活動に取り組んでいきたいと考えます。