株式会社バンダイナムコホールディングス | BANDAI NAMCO Holdings Inc.

CSRへの取り組み

地域社会とともに

トイホビー

方針・考え方

お子さまから大人のお客さままで、より多くの方々にエンターテインメントの素晴らしさを知っていただくために、トイホビーSBU各社の特色を活かした、文化・社会活動を展開するとともに、さまざまな機関、団体への支援を行っています。

文化の発信

「おもちゃのまちバンダイミュージアム」の運営

おもちゃのまちバンダイミュージアム
おもちゃのまちバンダイミュージアム

バンダイは2007年4月に、栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまちに「おもちゃのまちバンダイミュージアム」を開設しました。本ミュージアムは、バンダイが所有するトイコレクションやエジソンの発明品などを一般に公開し、お子さまの学習や専門家の研究、レクリエーションなどの機会を提供することを目的に運営を行っています。

「おもちゃのまちバンダイミュージアム」は3万5千点を超えるトイコレクションの中から約5,000点を展示する「ジャパントイミュージアム」、「ワールドトイミュージアム」、「ホビーミュージアム」や、日本で最高の質・量を誇る「エジソンミュージアム」などから構成されています。

地域社会との交流

地域社会との交流

バンダイの本社では1階・2階をミュージアムとして、お越しいただいた一般の方々に楽しんでいただける空間を演出し、本社横には色々なキャラクターの立像を設置して、地域の皆さまとの交流や地域への貢献に努めています。

「バンダイこどもアンケート」の実施

バンダイでは、現代の子どもたちの実態をバンダイ流に解き明かすという目的から、1995年より「バンダイこどもアンケート」を実施しています。主に0歳から12歳までのお子さまの保護者の方を対象に、2カ月に1回テーマを変えて行っています。調査結果は、報道機関やバンダイホームページを通じて発表しています。

おもちゃ団地協同組合への参加・支援

バンダイでは、栃木県下都賀郡壬生町にあるおもちゃ団地協同組合が、社会貢献と地域活性化を目的に開催するイベントへの参加、支援を行っています。グループ会社のおもちゃバザーのほか、飲食店やキャラクター遊具の運営などを通じてイベントを盛り上げています。

海外における社会活動

非営利活動の推進

1995年より米国において、Bandai Foundationを通じて地域社会貢献活動を続けております。
具体的には、主にこどもたちとその家族がより良い生活を送れるよう、各種イベントや寄付活動を通じ、地域慈善団体の活動を支援しています。
これからも、子どもたちへ健やかな未来を提供することを理念に、支援を続けていきます。

 

今後の課題・目標

トイホビーSBU各社の経営資源を有効に活用し、エンターテインメント企業グループとして持続性のある活動を展開するとともに、事業分野の特性を踏まえたユニークな活動を実施していきます。

 

PAGE TOP