株式会社バンダイナムコホールディングス | BANDAI NAMCO Holdings Inc.

CSRへの取り組み

お客さまとともに

映像音楽プロデュース

方針・考え方

映像音楽プロデュースSBUでは、「感動を通じて人々の心を豊かにする」ことができる良質なIPを作るという使命のもと、お客様に満足いただける品質の提供、安心して参加いただけるライブやイベントの実施に努めています。

品質の管理・表現の統制

バンダイビジュアルの商品は、その画質、音質だけではなく、パッケージの印刷、付属品などに対しても品質の管理を徹底しています。また、表現のチェックでは、差別用語や、不適切な用語・表現がないかを確認しています。表現は視聴者が置かれている環境や時代によって変化するため、企画からパッケージ販売に至るまで、さまざまな過程で細心の注意を払い多面的チェックを実施し、お客様に心からお楽しみいただける作品・商品の提供を心掛けています。

ユニバーサルデザインの導入

視覚障がいや聴覚障がいのある方にもお楽しみいただけるよう、音声ガイド(音声による解説)や、台詞の発言者や環境音がわかるような字幕の収録などの取り組みを実施しています。

©2014–2015 杉浦日向子・MS.HS /「百日紅」製作委員会
パッケージ商品例:「百日紅 ~Miss HOKUSAI~」
©2014–2015 杉浦日向子・MS.HS /「百日紅」製作委員会

著作権保護の取り組み

知的財産権を取扱う会社の責任として、第三者が所有する権利への侵害が発生しないよう社内啓蒙の実施や管理体制の整備をしています。また、関係団体などと連携を取りながら国内外における著作権侵害の対策に取り組んでいます。

安全・安心を心がけたライブ・イベントの提供

映像音楽プロデュースSBUでは、ライブやイベントにおける事故やトラブルの未然防止に努めるとともに、有事の際にも迅速かつ的確な行動ができるよう、「イベント危機管理マニュアル」を整備し、定期的な見直しを行っています。

今後の課題・目標

映像音楽プロデュースSBUでは今後も商品の品質の向上を図りつつ、ユニバーサルデザイン商品の提供や、著作権保護の取り組み、安全なライブ・イベントの実施等により、より一層お客様の満足を得られるよう、事業に取り組んでまいります。

 

PAGE TOP