夢・遊び・感動 BANDAI NAMCO Group

株式会社バンダイナムコホールディングス

地域社会に向けた取り組み

*2019年度の活動内容に基づき掲載しています。

本社所在地での取り組み

バンダイ本社では1階・2階をミュージアムとして、お越しいただいた一般の方々に楽しんでいただける空間を演出し、本社横には色々なキャラクターの立像を設置して、地域の皆さまとの交流や地域への貢献に努めています。

おもちゃのまちバンダイミュージアム

オセロなどおもちゃの企画・開発・販売を行うメガハウスでは、本社がある東京都台東区の社会福祉協議会と連携して、地域に住むすべての人が、自分らしく安心した生活が送れるように、地域全体で支え合っていく関係をつくる取り組みを推進しています。

<取り組み例>
「たいとう地域活動メッセ2020~ここからつながる~」
(2020年2月16日開催 主催:たいとう地域活動メッセ2020実行委員会)
当イベントは、地域で活動する団体の取り組みを周知・PR するとともに、団体間の交流を深めることを目的に開催されました。メガハウスは、「大回転オセロ」(オセロ石が盤面と一体化し、障がい者の方にも遊びやすい)「UDオセロ」(視覚障がい者の方にも判別しやすい)の試遊や、名人との多面同時対局を実施したブースで、交流を行いました。

たいとう地域活動メッセ2020

サンライズでは、本社最寄り駅の西武新宿線「上井草駅」前に機動戦士ガンダムのモニュメントを設置しています。このモニュメントを活用して地域の火災予防運動などの啓発に協力しています。

機動戦士ガンダム

また、杉並区上井草の地域活性およびアニメ文化の発展に貢献するべく、地域の年間行事にも協力しています。

上井草商店街の夏祭り
上井草スポーツフェスティバル2019

おもちゃ団地協同組合への参加・支援

バンダイでは、栃木県下都賀郡壬生町にあるおもちゃ団地協同組合が社会貢献と地域活性化を目的に開催するイベントへの参加、支援を行っています。グループ会社のおもちゃバザーのほか、飲食店やキャラクター遊具の運営などを通じてイベントを盛り上げています。

BNJ PROJECT

バンダイナムコエンターテインメントでは、地域と共に新しいエンターテインメントを創出し、日本全体を盛り上げる「BNJ PROJECT」において、日本各地の自治体・企業と一緒に「地域協働」をテーマに取り組んでいます。

2019年8月に三重県桑名郡木曽岬町で開催された「やろまいマルシェ&夏まつり」では、木曽岬町役場および国土交通省とともに、防災用の公共Wi-Fiをアソビに利用する試みを実施したほか、屋内外でさまざまなエンターテインメントを提供しました。

「やろまいマルシェ&夏祭り」の様子

慶仲祭への出展

バンダイナムコエンターテインメントは、2019年7月に東京都港区の慶應仲通り商店街で開催された「慶仲祭」へ出展しました。「慶仲祭」は「慶應仲通り商店街」が主催する夏祭りです。バンダイナムコエンターテインメントでは、「三田をモットアソぼう。」をテーマに子どもたちが自らデザインしたオリジナルの建物ペーパークラフトで三田の街を作って楽しむ体験ブースを展開しました。

Humble Bundleを通じてアメリカがん協会に寄付

BANDAI NAMCO Entertainment America Inc. は購入金額の一部を寄付できる販売サイトHumble Bundleでの家庭用ゲーム「DARK SOULS III」の売上を通じ、693,365ドルの寄付を行いました。この取り組みが評価され、アメリカがん協会から表彰楯が授与されました。

「AOU青少年アドバイザー」育成と地域での活動

バンダイナムコアミューズメントとプレジャーキャストでは、地域社会とのより良好なつながりと関係機関との円滑な共生を図り、地域の健全な青少年育成活動を進めるために、「AOU青少年アドバイザー」資格の取得を推進し、ゲームセンターにおける2019年度店舗責任者の資格取得率が100%を達成しています(2020年3月末現在)。今後も地域と連携して健全な青少年育成の活動をしてまいります。

AOU青少年アドバイザーの在籍する店舗には、在籍パネルが掲示されています。

音楽を通じた取り組み

バンダイナムコアーツ、ハイウェイスターでは、日本のエイズ危機を防ぐための音楽活動「Act Against AIDS(AAA)」に賛同したアニソンライブ「アニソンAAA Vol.8」の企画・制作を行ったほか、東日本大震災復興支援のため、「三陸コネクトフェスティバル」に関連アーティストが参加するなど、音楽を通じたさまざまな取り組みを行っています。
また、アーティストの公演会場で販売するチャリティグッズの売上金の一部を、震災や豪雨などの被災地への義援金として、日本赤十字社を通じて寄付しました。

「アニソンAAA Vol.8」

アニメの舞台となる地域での取り組み ~ガールズ&パンツァー~

バンダイナムコアーツでは、アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台となった茨城県・大洗町にて、「大洗あんこう祭」などに参加し、声優らによるトークショーといったイベントを盛り上げ、地域と連動した取り組みを行っています。2019年度の来場者数は、過去最高の14万人に達しました。

「大洗あんこう祭」内での「ガールズ&パンツァー」のキャストトークショー

アニメの舞台となる地域での取り組み ~ラブライブ!サンシャイン!!~

サンライズでは、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台である静岡県沼津市の地域活性化を支援しています。
2019年は「第35回沼津こいのぼりフェスティバル」をはじめとする各種年中行事への参加や、公共交通機関のラッピング鉄道やバスの協力、市内の観光地を巡るご当地スタンプ「まちあるきスタンプ」などを行い、地域の方々と一緒に沼津市を盛り上げました。また、作品に登場するアイドルグループAqoursのメンバーが、沼津市特産の「西浦みかん」PR大使に任命されました。

被災地支援活動(東日本大震災被災地支援)

バンダイナムコグループでは、2011年より岩手県・宮城県・福島県の各地で、東日本大震災被災地の子どもたちに向けた活動を継続して実施しています。
絵本シリーズ「くまのがっこう」をテーマとした工作教室や、プラモデル教室の開催など、バンダイナムコグループらしさを生かした活動を行っているほか、株主様とともに公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ毎年合計1,000万円を寄付しています。この寄付金は東日本大震災被災地の子どもたちへの支援活動資金として活用されています。

岩手県下閉伊郡山田町
宮城県石巻市
CSR