バンダイナムコグループのサステナビリティ方針

バンダイナムコグループは、IP軸戦略のもと、ファンとともに、バンダイナムコグループが向き合うべき社会的課題に対応したサステナブル活動を推進します。

サステナビリティマネジメント

バンダイナムコグループは、「Fun for All into the Future」をパーパス(社会における存在意義)として定め、その実践のために特に重点的に取り組む必要がある5つのテーマをマテリアリティとして設定し、活動に取り組んでいます。

Bandai Namco’s Purpose

注力する主なSDGs

マテリアリティ5項目

サステナビリティ推進体制

バンダイナムコグループでは、バンダイナムコホールディングスの取締役(社外取締役を除く)などで構成され、バンダイナムコホールディングス代表取締役社長が議長を務めるグループサステナビリティ委員会を設置し、スピード感を持って事業と一体となったサステナビリティ活動を推進しています。また、サステナビリティ活動の推進は経営戦略上の重要な取り組みであるという考えのもと、定期的に当社取締役会にて活動状況の報告を行っています。

さらに、グループサステナビリティ委員会の下部組織としてグループサステナビリティ部会を設置しています。グループサステナビリティ部会は、バンダイナムコホールディングス担当取締役(チーフ・サステナビリティ・オフィサー、CSO)を事務局長とし、各事業統括会社と主な関連事業会社のサステナビリティ担当が参画する会議体で、各事業におけるマテリアリティに沿った取り組みの進捗状況の共有や情報交換、各種課題の検討などを行っています。グループサステナビリティ部会で立案された具体的施策はグループサステナビリティ委員会で検討のうえ実行されます。

サステナビリティ推進体制